アルギニンとは?アスリートや健康志向の人から聞いたけど、イマイチ分からない

アルギニンって聞いたことがあるけど、イマイチどんな効果があるのか分からない。

ただのタンパク質の成分でしょ?お金払ってまで体に取り入れる価値はあるの?

 

お答えします、ざっくりと。

 

アルギニンっていうのは、タンパク質の元となっているアミノ酸のことです。

体の中では作られない成分もこの世の中には沢山ありますが、アルギニンは体内で作られます。

 

つまり無理して取らなくても、普通にご飯を食べて寝ていれば、勝手に作られます。

けれども、歳を取ると次第に作られる量が減ってしまうので、取ったほうがいいものです。

 

ただ一つ思うのは、人間本来は普通に食事をして生きていれば、大体健康でいれるように作られていると思うんですよね。

生きるためには、美容とか、見た目とか、そういったもんは必要ないので、人間の進化的には不必要なのかなと。

 

逆に言えば、アンチエイジングと言われるような、若々しい姿を保っていたい、老化を防ぎたい、食い止めたい。

そういった方は、生きる上では必要ない栄養素でも、しっかりと摂取して補っていかなくちゃいけないのだなと。

 

そういった観点からアルギニンの成分を見ると、効果的なのが分かると思います。

普通に生活していく上では必要ないものだけど、不自然に老化を防止するには、重要なものだなと。

 

ということで、アルギニンにはどんな効果があるのか?

ということについて、一覧にまとめましたのでご覧下さい。

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 肌の保湿
  • 新陳代謝の改善
  • 免疫力向上
  • アンモニアの解毒
  • 血管拡張

つまり、美容的にも、健康的にも重要な成分だということです。

肌のターンオーバーに関係する新陳代謝や、美肌にはかかせない保湿。

体の細胞を作り変える上で不可欠な成長ホルモン。

病原体から体を守る免疫力。

疲労の元となるアンモニアの解消。

動脈硬化、冷え性などをふせぐ血管拡張。

それにともなうインポテンツ解消。

 

よくよく調べてみると、色々な効果がありましたね。

何やら病院などでもアルギニンは注目されていて、医療現場でも積極的に摂取を勧めているというデータもあります。

他にも海外の臨床試験データで、医学的にも信頼できる効果があったりと、注目されています。

 

アルギニン、ただのアミノ酸なのにこれだけの効能があるなんて、正直私も知りませんでした。

不思議なもんですねー。

 

ということで、もっと細かくまとめたサイトが、以下の所です。

アルギニン